メインイメージ

鍛造和包丁

鍛造でつくられる和包丁


一般に鍛造とは、鉄をハンマーなどで叩いて形を整え、製品化していく工程をいいます。
叩くことにより不純物が除かれると同時に、材質に含まれる炭素原子の密度が均一化し、また鉄の結晶が稠密化します。この結果、硬くて粘りのある鋼ができるわけです。
現在、多くの和包丁は、鍛接という方法で作られています。これは軟鉄と鋼を張り合わせる製法で、日本では昔から行なわれてきました。鋼の硬さを地金の軟らかさで受け止めるため、鋭いにもかかわらず刃こぼれしにくいという長所があります。
まず炭素含有率の低い地金と、含有率が高く硬い鋼を、別々に鍛造します。これらを重ね、硼砂や酸化鉄の粉を接着剤として、加熱し再び鍛造します。それから不要な部分を切り落とし、グラインダーで研磨し、必要に応じて焼き入れや焼き戻しを行ないます。あとは柄をつけてできあがりです。このようにして作られるのが鍛接(合わせ)包丁と呼ばれるものです。
鍛接の工程は手作業の場合もありますが、たいていは機械ハンマーで叩くことにより行なわれます。もちろん作業の工程はコストに影響します。
鍛接製品は接合部分に、ぼかしたような線が出るのが特徴です。また切れ味が落ちにくく、作り手としては形状が調節しやすいという点もメリットです。
鍛接の工程を機械化したものを利器材といいます。鍛接に準ずる切れ味を持ち、比較的安価です。
これらに対して多くの洋包丁は、鋼板を圧延ロールに通し、プレス機で整形して作られます。その製造過程から、打ち抜き包丁とも呼ばれます。
現在では鋼材技術も進歩しているため、叩かなくても硬くて粘りのある鋼を作ることは可能です。ですから、工場で大量生産された製品でも、明らかに品質が劣るとはいえません。が、やはり和包丁のほうが切れ味に優れると感じている人は多くいます。
さらに高級なものでは、本焼き包丁というのもあります。鍛接ではなく、地金から鍛え抜いて一本の包丁に仕上げたもので、これぞ本来の鍛造品といえます。継ぎ目などはなく、切れ味もさらに鋭くなっています。しかし脆い性質があり、折れることもあるため、取り扱いには細心の注意を要します。もちろん値段は高価で、一部の職人に愛用されています。
このように、一口に包丁といってもさまざまな製法があり、特徴も価格もそれぞれです。鍛冶職人の仕事というだけで満足するよりも、実際にどんな仕事がなされているのか、じっくり考えてみるのも楽しいことです。

最近の投稿

Contents